植物染めしました。

Aloha,
4月1日、新学期、新年度のスタートですね。桜も満開になって、そこら中がソワソワしていますね。確か、以前までは入学式(4月8日ぐらい?)に入学式で、桜が満開だった気がします。季節が早くなっているのか温暖化が進んでいるのか…。昨年は入学式もなかった学校が多かったので、今年の桜は、ひときわ美しい気がします。新しい生活様式と言われて二年目に入りますが、やはり従来通りの生活が懐かしいですよね。今年は、新しい生活様式で、楽しいことがたくさんあるといいなあ。

今年も、オレナ(ウコン)染めをしました。クペエにウヒ、パウなどを各々染めました。昨年行っているので、みなさん慣れた感じでしっかりした良い色が出ていました。また、一年フラの学びに頑張れそうです。先日、クアフ、レイなどを燃やした灰も入れて、それまで学びも蓄積されることになりましたー。

お知らせ
*オンラインクラスに「フラのはじめの一歩:ゆるゆるクラス」が四月からスタートします。今まで、気になっていたけど、なかなか踏み出せなかった方! ぜひ、覗いてみてください。

*2021年11月20日(土)ひの煉瓦ホール ミニホイケ開催決定♬
新しい生活様式のホイケをお楽しみに!!!

*6月奄美大島からオンラインクラスを配信予定♬

*7月31日(土)ワールドポーターズ(横浜)コンペチームがイベント出演予定です。
*9月25日(土)日野煉瓦ホール・ハワイアンアーティスト共演します。

 

f:id:alohaanuenue:20210401115019j:plain

綺麗な色に染めあがりました。

f:id:alohaanuenue:20210401115039j:plain

色が付くのかドキドキしながら、何度も返していきます。

f:id:alohaanuenue:20210401115117j:plain

新しい生活様式、ソーシャルディスタンスで。

 

ハワイの教え:クアフの話

Aloha,

私が学んでいるハワイ島のハーラウ(教室、学校)では、フラを文化全体として学んでいます。私が最初に、古典フラを観たときに感じた、厳かで、見世物ではない、客はいるが、客もその空間の一部で何かに向けて、メッセージを送る?送られる?そんなエネルギーに満ちた経験が、言葉に表せないけど「Hawaii文化」の神髄だと信じて学び続けています。読みものに「フラは神事だった」と説明されていることは珍しくない。私が学んでいるハワイ島のハーラウでは、今でも「神事」として、生徒が学んでいます。一回、一回のレッスンが全て神事でした。まず、学ぶ場所にフラの神様を呼ぶための「クアフ」と呼ばれる小さな祭壇を建てます。「オリ」と呼ばれる神様との唯一の対話できる手段の詩を、いくつかの用途ごとに唱える。その間に、いくつかの仕来りがあって、厳かに進んでいく。始まると、施設の外に「管理」する人が置かれ、邪魔が入らないように見守る。中では、クペエ(神様との約束の印、これからフラを頑張るので、どうか叡智を授けてください。)をつけながら、進行中は私語厳禁となります。最後に、「命の水」を与えられる。そのクアフをもって学ぶハーラウを「ハーラウ・クアフ」という。そのハーラウ・クアフはハワイでもごくわずかだと思う。 クアフは毎回レッスンの度に建てられる。クアフ係になった人たちが、それぞれ、その土地のキノラウ(化身)を、朝に採取して用意する。種類は奇数で5.7.9種類が一般的。神様は良い香りが大好きなので、香りがあるものを用意すると、神様が来やすくなるとか…。日本で同様にクアフを建てるときは、その土地の旬の植物を用意する。「ハワイ文化」だから「Hawaiiの植物でなければいけない」なんてことはない。神様は、それがフラを頑張って学ぶのであれば、ハワイでも日本でもヨーロッパでもそこでも現れてくれる。日本には、四季があって、節季もたくさんあるので、それにちなんだ植物を用意するとハワイの先生たちは、大変興味を持ってくれ、毎回日本のクアフが楽しみなんだそうです。私も、このクアフの学びを、積んでいくうちにハワイ文化を通して日本の文化を見直して、日本に生まれ育って、幸せなんだなあという思いが強くなりました。クアフに使用した植物は、きちんと調べて、どんな植物なのか知る必要があります。クアフはレッスンが終わると、「閉じる」作業をします。神様にお帰り頂く作法です。使用した後の植物は、乾燥させ衣装などの「染め」に使用する灰にするために燃やします。

f:id:alohaanuenue:20210316112801j:plain

クアフで使用した植物、レイ、一年使用したクペエ。

f:id:alohaanuenue:20210316112840j:plain

燃やす。ここにも火の神ペレが現れている。灰は染めに使用する。

 

ハワイの教え:背中の話

Aloha,

緊急事態宣言が、またまた延長になりました。街中、道路の渋滞、スーパーの混雑など日常生活を送っていると、宣言前と変わらないなあ。しかし、飲食店が夜8時に閉店するのが「緊急事態」ぽいなあ。そんな感じで二週間延長が決まりました。がイベントなどは中止で、例年ですとこの時期はイベントに向けてワクワクドキドキの練習期間になっています。気温が高くなるにつれ私たちの練習も熱が帯びます。昨年、今年はそれがないので、常温で練習し、カルチャークラスに落ち着いて挑めるようになっているのはポジティブな効果です。またしばらく生活を、クラスを工夫して感染予防に心がけます。

 

今回のお話は「背中のお話」

ハワイ語では、「KUA」。ハワイでは背中が、非常に重要な考えがあります。背中に、神様、祖先がいると考えられているからです。ハワイ島のフラで、ノホスタイル(座って踊るフラ)で、土下座のように身体を地面に近づける動作があります。これは、背中に神様に乗ってもらうため、または、地に近づくことによって、女神ペレの力を取り入れやすくなるという考えの基だそうです。背中を亀のようにして、「神様に招待状を出している」というイメージでしょうか。

ハワイ語は、単語と単語が組み合わさって、他の単語になることがあります。

「KUA」に関しては、

「AUMAKUA」:守護神
「MAKUA」:親

などが有名な言葉です。

ミュージシャンのナプアさんの曲に「LAWAKUA」という有名な曲がありますが、これは「背骨」という意味だそうです。

AUMAKUA:守護神は鮫、フクロウ、亀などが有名ですね。自身の守護神の決め方にはルールがあります。それは、別の機会に。

そしてハワイの風習では、年配の方に後ろから話しかけない。なぜなら、背中にたくさんの祖先、神様が居るから、大変失礼になるそうです。もし、ハワイアンに声かけるときは、正面からかけてくださいね。

ハワイアンの背中は、大切。背中がフラットになっている状態は、神聖な静寂の状態となります。神社で厳かな空間に居るときと同じ状態です。

f:id:alohaanuenue:20210307110231j:plain

カウアイ島:神話の中でロヒアウが寝ていたベット。

f:id:alohaanuenue:20210307110306j:plain

大好きなカウアイ島の聖地。ダライラマが、ここの気が神聖すぎて、思わず波にキスしたとか。他にもたくさんのエピソードがある土地です。

 

ハワイの教え:繋がり

Aloha,

明日で三月に突入します。お雛様も飾り、庭のしだれ梅、椿が咲き始めて春の準備が着々と進んでいます。三月に入ると、植物の種を植えますので忙しくなります。去年よりも倍の畑の面積を予定しているのでソワソワ楽しみになっています。コロナウイルス感染拡大防止の自粛要請が東京ではまだ解除されず続いていますが、たまに街中にいると人通りが多いことに、自粛期間だという事を忘れてしまいます。世界中ではまだまだロックダウンをしているところもあるし、日本ではワクチン接種が始まり、オリンピックも予定通り? 先のことは誰にもわからない。。。状態ですけど。ハワイからの学びもオンラインに慣れてきてはいますが、さすがに一日中画面とにらめっこなのは、精神的に疲れますね。

今月は、オレナ染めを行います。オレナ(ウコン)は、日本でも同じように邪気除け、虫よけなどに有効で着物の風呂敷などに用いられます。

 
フラには、パーウ(スカート)を使用します。そしてパーウには必ず紐が必要です。それは、へその緒と同じ枠割で「祖先との繋がり」を象徴しているからです。パウには紐。ゴムではNGな訳ですね。

f:id:alohaanuenue:20210228203449j:plain

キラウエア火山 ハワイの女神ペレ信仰が残る地区もまだあります。噴火しても、溶岩で街一つ飲まれてもハワイ島の人たちは大騒ぎしない。とハワイ島の先生。 破壊と創造の神でもあるペレは、今でも噴火し続けてハワイ島の領土を広げています。

f:id:alohaanuenue:20210228203658j:plain

火の神パレの大好きなオヒアレフア。花を摘み過ぎると、ペレが悲しんで雨を降らすとか。伝説がたくさんあるお花でもありますね。

 

ハワイの教え:四百万の神様

Aloha,
ハワイに行ったのが、ちょうど一年前で世界中を自由に往来できたのが夢のようです。2020年前半は、二回ハワイに行く予定でしたがすべてキャンセルになりました。ちょうど一年前は、ハワイ島文化研修でマウナケア、キラウエアなどを奉納フラをしたり、伝統的な文化をいくつも体験したりと、充実した研修だったのを振り返って、再度感激しています。

私はフラ歴およそ30年になりました。多くのことを学びましたが、まだまだ奥深く広いのが文化で、ハワイ文化もそうです。オアフ島、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島・・・それぞれに文化が違い、クムフラ(フラの先生)、学者によっても同じことが違う意味、違うやり方で行われます。1-10までキチンと習うのが常識の日本で育った私には「?」なことがたくさんありましたが、今ではそれは当たり前だと思えるようになっています。先日、ハワイ島の師が「Hawaiiには四百万の神様が居るから、考えも四百万あるんだよ」的なことを言ってました。それは、するっと体内に入っていきました。多様性を受け入れながら伝統を守っていく、ハワイの人たちはそれが上手かもしれませんね

 

f:id:alohaanuenue:20210130110703j:plain

夜明け前に、山に奉納フラにいくところ。ハワイの早朝は空気が冷たくピリッとしていました。


 

令和三年・新年あけましておめでとうございます。

Aloha,
年が明けて一週間がたち、一都三県には緊急事態宣言が発令されました。今回の宣言対象は、「飲食店」向けであって、スタジオとしては通常通りで良いことになっています。しかし、生徒のみなさんの安全を第一に考えるとクラス運営を工夫するべきだと判断しました。詳細は、スタジオの連絡網で流していますのでご覧ください。また連絡網が届かない生徒さんは、事務局にご連絡いただくか、クラス内、お仲間で情報を共有して頂いてくださいね。

新年から、HPをリニューアルしました。引き続きよろしくお願いいたします。

f:id:alohaanuenue:20210109104828j:plain

オアフ島ノースショアのコーヒーショップ。ドライブの目的は、ここのカフェラテ。

 

令和二年の終わりに

Aloha,
今年も皆様ご支援ありがとうございました。
まだまだ、マスク生活が続くようですが、みんなで会食したり、大声で笑ったり、ハグしたり握手したり・・・。そんなことが出来るようになるよう楽しみにしています。
イベントは出来なかったけれど、ハワイアンカルチャーをより深く学ぶ事が出来た年でもありました。また、私が生徒さんにちょっと難しいことを伝えることも腰を据えて出来た気がします。これから伝統文化は工夫して伝えていくことを課題とされました。五間、六感で感じる自然崇拝の文化フラを、どのように伝えていくか・・・。オンラインでは形は伝えられますが、イメージ、感覚、香り、熱・・・魂で感じることが、なかなか難しいですね。
先週ハワイ島のキラウエア火山が噴火しました。地球と人間もストレスかかっていますね。

 


来年は、どんな年になるでしょうか。 

レッスンお休み期間:12月27日~1月4日
事務局お休み期間:12月29日~1月4日

みなさま、身体に気を付けて人生楽しみましょう。
よいお年をお迎えください。

アロハ・ケ・アーヌエヌエ

大滝由美

f:id:alohaanuenue:20201228175934j:plain

キラウエア火山のオヒアレフア 女神ペレの愛するお花。