ハワイの教え:四百万の神様

Aloha,
ハワイに行ったのが、ちょうど一年前で世界中を自由に往来できたのが夢のようです。2020年前半は、二回ハワイに行く予定でしたがすべてキャンセルになりました。ちょうど一年前は、ハワイ島文化研修でマウナケア、キラウエアなどを奉納フラをしたり、伝統的な文化をいくつも体験したりと、充実した研修だったのを振り返って、再度感激しています。

私はフラ歴およそ30年になりました。多くのことを学びましたが、まだまだ奥深く広いのが文化で、ハワイ文化もそうです。オアフ島、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島・・・それぞれに文化が違い、クムフラ(フラの先生)、学者によっても同じことが違う意味、違うやり方で行われます。1-10までキチンと習うのが常識の日本で育った私には「?」なことがたくさんありましたが、今ではそれは当たり前だと思えるようになっています。先日、ハワイ島の師が「Hawaiiには四百万の神様が居るから、考えも四百万あるんだよ」的なことを言ってました。それは、するっと体内に入っていきました。多様性を受け入れながら伝統を守っていく、ハワイの人たちはそれが上手かもしれませんね

 

f:id:alohaanuenue:20210130110703j:plain

夜明け前に、山に奉納フラにいくところ。ハワイの早朝は空気が冷たくピリッとしていました。